放置すると怖いニキビ跡

放置すると怖いニキビ跡

ニキビ跡は、正しい対処を行わないと恐ろしいニキビ跡になってしまいます。クレーターやしこり、赤ら顔、ケロイド、赤ニキビ、毛穴開きなど、どれをとっても悩ましいニキビ跡。ニキビのときと違って治りにくく、いつまでも跡が残ってしまうのが厄介です。なぜこうしたニキビ跡が、出来てしまうのでしょうか。

 

傷跡のようなニキビ跡は、傷が深ければ深いほど跡が残ってなかなか消えません。仮に傷が浅くても、繰り返し傷ついてしまうと皮膚の深層部が複雑に破壊されてしまうのです。そのような状態になってしまった皮膚は、代謝が悪く肌の再生が正しく行われなくなります。
そのため、色素沈着や赤味が残ってしまい、余計に肌荒れがひどい状態になってしまいます。

 

激しい炎症を起こしたニキビや同じところに繰り返し出来るニキビには、要注意したほうがよいでしょう。放置しておくと一生肌の機能が回復せず、深刻なニキビ跡が残った肌でずっと過ごすことになってしまいます。

 

ニキビ跡になる原因は、様々です。特に大人ニビキの場合は、ストレスや食生活、睡眠不足やホルモンバランスの乱れなど、忙しい大人が抱えがちな問題が要因となっています。それらを一朝一夕に解決することは、難しいでしょう。

 

しかしいずれにしても、早めに適切な処置を施すことで改善することが可能です。あきらめて放置してしまったり、気になるからと余計にいじったりしてしまうと、さらに傷が深くなったり炎症が他の部分にも影響してニキビが拡大する恐れがあります。

 

クレーターのような肌になってしまうと、メイクで隠すことすら困難になってきます。悪化の一途をたどる前に、早めの対処を心がけましょう。